・オイル交換をする。(483km)

(左上)私は慣らしってのをやらないクチなので(慎重に運転して人間の慣らしはするのですが)、その分オイル交換はマメにやることにしてます。取り敢えず500km近くになったので第一回目であります。朝も早よからヒマ人ですね(^_^;)私。

(右上)説明の必要はないですね(^_^;)。ココからオイルを入れます。キャップを使ってオイル量をみたりします。オイルジョッキで入れましたが、割と入れやすいと思いました。今回はオイル交換だけなので、シールの通り2リッターでだいたい良いところでした(7分目程)。一応センタースタンド使用時と降ろして垂直と2回調べましたが大差ありませんでした(^_^;)オイルは純正のウルトラG1。

(左)こちらはドレンですね。幅24mmのボックスを使います。中にはスプリングとメッシュのフィルターが入っています。目の前のパイプはもちろんエキパイですので充分に気をつけます(^_^;)。

ドレンのキャップボルトを外したところ。コレの抜きぎわってドキドキする瞬間ですよね(苦笑)。私は今回は大失敗でした(^_^;)手がオイルまみれになっちゃいました。

写真を見てのとおり、オイルパンをガードしているプレートにオイルがタレちゃってます(^_^;)。後でふき取りが大変でしたので、外して作業した方が良いと思いました。

一服(-。-)y-゚゚゚してオイルが抜け切った頃にメッシュフィルター、スプリング、キャップボルトの順に組付ける訳ですが、メッシュフィルターが結構奥まで入るので、スプリングの上に載せて入れるのですが充分注意しながらやりました(^_^;)。

締め付けのトルクは頃合い(^_^;)。スプリングが抵抗になるのし、アルミで出来てますので絶対に無理締めしないように(って、この辺常識範疇ですね)。


銀翼な部屋のトップへ

バイクな部屋のトップへ

かわら版トップページへ

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送